読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と煉獄のなんたら0507

恫喝されたことを昨日思い出し、同時に様々色んな人に口封じをされて来たことが思い出され怖くなった。「お前のブログは関係者みんな見てるんだからな」ととある人に言われたけど本当に読んでるのであればよっぽど辺境のサーカス、だと。

意見は発信出来ず、意思は持たせては貰えず、いつも前向きに、と何も関係ない人に言われそして仕事を全て奪われた去年を思い出した。いつかまた「この」ブログをダシに恫喝されたり口封じされたり仕事を取られたりするんでしょうか。

 

 

カミコベに行きました、いくら無料とはいえ導線の悪さや待機列の整理人員ゼロな点は改善はされず。それが全て「チャリティー」という言葉であやふやになるのは私は受け入れがたかった…何年も投書してるんだけどな…

 

マスドレは久々にベアーズ無しでした、おぐちゃん髪を切ってさっぱりと。

愛はズもめちゃくちゃ短い。あんだけぱんぱんにお客さん来てたから「なんか風船が飛んできてロボットが出てきて楽しかったね」を越えてライブハウスに来てくれると良いなぁ。

 

「僕ら4年間ルーキーって呼ばれてます!

長いやろ!」

 

という言葉にはカネシロの心情がドバッと滲み出ていた様な。期待のルーキーから関西の、若手のホープになるよ、私はファンとしてライブに行くことしかできないけど。

そんな楽しさの中にある悔しさも引っくるめてやはり愛はズは好きだなと思いました。

演奏時間短過ぎて感想は書けなかった!

日常と煉獄のなんたら0506

昨日買い逃したワンピースが気になりなんとなくふらっと昨日に引き続き京都へ。試着したらドンピシャだったのでとても嬉しかった、即購入。

友人にたまたま会ったりいろんな古着屋巡ったりリフレッシュした感じがした、ちょっと歩いたのに異常に眠い。

 

少し前に面白い話を聞いた。恫喝してきた男がどう私のことを他人に伝えてるのかよくわかる話。加害者が被害者の顔をして味方を増やしてハブろうとしてるのかな。とても怖い。事の発端となったことについてもちろんこちらは誠実に謝罪した。でも言いふらされている。

全部暴力で、圧力で解決できると思ってる人。この人に恫喝された時に

「深淵を覗く時また深淵もこちらを覗いている」

という言葉をいつも思い出す。あなたが暴力で押さえつけた分だけ暴力があなたの方も覗いているんだよと。

日常と煉獄のなんたら0505

赤いキセツ到来告げて、今・俺の前にある。って透明少女が似合う初夏。

埼玉から来た友人と京都で遊んだりお買い物したりして満喫した感、私が友人ぐらいの歳の時多分もっとゴミだったなぁと思って友人を尊敬した。ライブハウスまで送け、疲れたので地元へ物を取りになんとなく実家に寄る。

自分の母親はびっくりするぐらい私のことを知らなくて(まぁ病気の人だからしょうがない)趣味趣向年齢今に至っては最早性別すら怪しいと思う。

不思議な人です。

今となっては「不思議な人です」で終われるけど思春期はほぼ母親という墓石を背負って生きていたなーと思い出す。

まぁその墓石に一番早く入るのが祖母か母か私かって話しだ、

生い立ちの良さは金で買えないけど生い立ちの悪さも金で買えない。

 

頼まれていたフライヤーに誤植が見つかり、治すも何故かネットが繋がらなくなり入稿できず失意のままパソコンを閉じる。終わらせたかったーー。明日に仕事を持ち越したくなかったーー。気持ちを切り替えるために寝る。

 

日常と煉獄の岸辺で0504

休みの日が続くと本当にご飯を食べるタイミングがわからない。みんな何故昼ご飯を昼ご飯を食べる時間に食べれるんだろうか、晩御飯も同じく、基本1日0食3酒。あー酒が高タンパク低カロリーだったらいいのにーって思いながら早死への一途をウイニングラン。生きてるけど。

というか生活全般がめちゃくちゃ難しい。風呂もムズイな。

まともがわからない、坂本慎太郎すごいよなーこのタイトル。ほんとそれだという此岸のぼうれいのわたし。

 

友人とご飯、気を使わずにいれる数少ない友人なので楽しかった。ひたすらしゃべれるしひたすら聞ける。顔色を伺わないってやはり良いよ、顔色を伺って話さないといけない相手は幸せではない。

 

自分が傷つかないように傷つかないようにと幸せな美しい色で塗りたくった日常、下敷きにはやりたかったことや好きだったけど届かなかった人が横たわっていてその上から無造作に塗られた他人に見せるための誰もが羨む上品でおゲスな生活、自分が傷つかないようにそこに気付くことがないようにと。他人の人生ながら見ているだけで虚無感しか感じない。すごい。

自分は馬鹿だからよく発言したことを怒られ、それに悲しむから簡単に傷つくしそこに気づかないように生きるのって体力も精神力もいるよなぁ。と

日常と煉獄の岸辺で0503

休み。病状が悪くベッドから動けず大半を費やす。

これではいかんと思い家のフォトショが壊れている為キンコーズでaiからjpeg変換、流石に40枚以上写真を貼ってるとクソ重くaiごと壊れる。泣く。再度電車で帰ってデータ直してまたキンコーズ。成功。精神的にボロボロで他に何も出来ず。絵を描いたりしていた。

帰りに中崎町を久々にぶらぶらしていた、穏やかな街並みとは裏腹にエネルギッシュな街、変わる景色は失敗と成功の繰り返し、自分はなんて小さな檻の中にいるのだろうと気づく。わたしは沢山好きなものがあって沢山やりたいことがあるはずだ。日本の和彫りにはまったく興味ないんだけど花や景色や抽象は面白い。ぼんやりと彫り師になりたいなーと考えるようになる。

それなりに達成感のある1日でよかった。

0430 pangea6周年千秋楽 愛はズボーン@心斎橋pangea

SEがFlaming lipsのRace For The Prizeに変わっていた、衣装はゆ~らめりかのアー写のように全身白。
 
 
「止まない雨は無いって言いますけど、僕は晴れてる時に「いつか雨が降るんじゃないか」って思うタイプなんです」
と、ステージでカネシロが言って始まったデーモンのレモン、
悪魔っていう目に見えない物体から逃げ惑うより翻弄しながら遊ぶぜって言えるのは
鋭くも大丈夫大丈夫と言い聞かせてる、両極に触れてるように私は感じてカネシロはものすごーく人間だなと感じる。
BABY君は悪魔ちゃんからデーモンのレモンかデーモンのレモンからへんなのの繋がりか忘れたんだけどDJのような繋がりっぷりで気持ち良かった。
私はDJをやってるので愛はズの曲は割とBPMが似てて愛はズだけでDJ出来るほど繋ぎやすいけどこれは絶対出来ないので羨ましい。
 
へんなのの転調する部分の白井ベースのぶいぶい感、シンプルながらめちゃくちゃ良いフレーズ。
派手でなくても速くなくても目を引き耳を引く、頭の奥からシビレル、この感じ。
 
パンゲアの照明は愛はズやらせたらもちろんプロフェッショナル。
ステージが悲鳴をあげるような極彩色のフラッシュは部屋を明るくして離れてみてね、本当は部屋を暗くして近くで見ようよ、と。

ぎまロボが見せるへんてこな近未来はロボットなんだけど人間よりもすっごく動きづらそうで、ものすごーく人間!
 
ゆ~らめりかのMVのアルミホイルとサイケデリックな色調とぐしゃぐしゃのビニールでできた世界はアンディウォーホルのファクトリーを思い出させる。
「機械になりたい」とアンディは全世界の芸術を皮肉って言った。
それは芸術は発表された瞬間から、どんな解釈だろうと受け手の考える物であり、作者の精神性や個性などはまったく関係ないって意味。
それ自体言うことがものすごーく人間だった。
 
でも愛はズは彼らの精神性や個性も丸ごと含めて人間そのものって感じだ、
10代の後遺症は致命傷、貫通したままの思想、不治の病です。彼らにはずっとすごく人間でいてほしい。機械になんて成れないけれど。

私はぼんやりとそう思った。ぎまちゃんが掲げたギターの裏、私がGIMA生誕祭に作った、彼の顔のアンディウォーホル風ステッカー、もう2年も前だ、私が勝手に作ったんだ、ボロボロなっても、いつまでも貼ってくれている。
私はいつもそれを見て嬉しくて泣きそうになる。私は馬鹿みたいにいつだって人一倍喜んだり悲しんだりしてめちくちゃ人間を謳歌してるぜ。そうだろ悪魔、って感じ。
 
ライブハウスだって呼吸をしている。代謝もしている。人間と同じように生きていて、pangeaはずっと人間みたいに喜びも驚きも幸せも憎しみも苦しみもあって、生きている。だから好き。ライブハウスだって死んでるところはたくさんある。
パンゲア6周年千秋楽にふさわし過ぎるほど、良いライブでした。

日常と煉獄の岸辺で0429

平日は21時に寝て6時に勝手に起きてぼーっとして8時に家出て会社に着くルーティンがうまく行っていて良い感じ。

ぎまちゃんが瞑想してる、と言っていたけどまさにそれに近い感じで朝の凜としたぼやけた景色に脳が極彩に冴える瞬間がたまにあって書き留めて言葉にしておく。

最近一日1食しか食べてないから3ヶ月見てない人には「痩せた?」と必ず聞かれるなぁ、元々ベジタリアンだし少食だし。ご飯好きな人は多分小さい頃にご飯が美味しいと知った人だけだと思う。

わたしは家庭環境はあんまり良くなかったから、ご飯は殆ど食べれなかったし美味しかった記憶もないし、食べ物に執着心は無いのかもしれない。飲み物は酒とコーヒーと緑茶、多分それでお腹タプタプで食べれないのも大きいかも。

今日は久しぶりに1日2食も食べました。えらい。

 

こないだ好きなバンドに関わってる個人の私怨でとても酷い事があってからそのバンドのライブを一切見る事をやめてから少し心が落ち着いた。他のバンドを見に行ってそのバンドが出ててもその時は絶対に見ない。そしたらだいぶと楽になった。バンドには悪いとは思うけどその人を選んだのはバンドだしどんどん曲調も苦手な方になったけど、世間的には売れる曲だと思うから頑張って欲しい。